MENU

医食同源のルテインとブルーベリー!アントシアニンも摂取できる!

ルテインとブルーベリー(医食同源)

 

ルテインとブルーベリーは、医食同源から販売されている、現代人の「見る」を考えた商品です。パソコンやスマートフォンなどの電子機器が普及し、現代人は昔より「見る」ことが多くなりました。

 

つまり、それだけ目に対して負荷がかかっているということになります。そんな現代人の目の健康を支えるために開発されたのがこの商品です。

 

成分と含有量

一日の摂取は3粒までなので、3粒における成分と含有量について書いていきたいと思います。まずは、ルテインですが3粒辺り17mg含まれています。ルテインは緑黄色に含まれている成分で、網膜の変性を防ぎ、目の健康を維持する効果があると言われています。

 

ルテインはボウル一杯のホウレンソウに1mgちょっとしか含まれていないため、17mgでもかなりの含有量であると言えます。ヒルベリーは、目に栄養を与えてくれる成分があります。

 

ヒルベリーの含有量は30mgです。このほかにも、菊花30mg、カシス6mg、β-カロテン150μgと、目に良い効果がある成分が含まれています。これらの5つの成分が含まれていることによって、ルテインとブルーベリーは目の健康を守る働きをしてくれるサプリメントだと言えるでしょう。

 

価格

価格は1袋1980円です。1袋に60粒入っており、1日の摂取量は3粒であるため20日間は持つという計算になります。だいたい月3000円程度かかる計算になりますね。また、2袋以上同時に購入すると送料が無料になるため、2袋以上で買うことをおすすめします。

 

こだわり

ルテインとブルーベリーにはいくつかのこだわりがあるので紹介していきたいと思います。まずは安全性についてです。医食同源は健康で良質なサプリメントを作る事を第一に考え、研究・開発を行っています。

 

新しい素材や処方を開発するときには、素材や組み合わせが安全なものなのか、しっかりと毒性試験を行い安全管理しています。原料においても安全性を大切にしています。

 

たとえ素晴らしい研究結果が出たとしても、健康を創造するためには原料が安全かどうかが一番重要なポイントです。そのため、原料の安全性に一番力を入れています。医食同源の基本的なスタンスとして、お客様の立場に立って考えるというものがあります。

 

そうしなければ本当のニーズを知る事は出来ないからです。そういった健康ニーズに合う商品開発に力を入れています。こういったこだわりの結晶として生まれたのがルテインとブルーベリーです。そのため、ルテインとブルーベリーは原料や製品の安全性に考慮した商品であると言えます。

 

ルテインとブルーベリーがおすすめな人はこんな人

ルテインとブルーベリーを特に利用してほしいのはどんな人なのか挙げていきたいと思います。まずは、パソコン・スマートフォンをよく使う人です。仕事でパソコン作業が多い人や、スマートフォンをずっと使っているという人にはおすすめです。

 

次に、活字をよく見る人です。趣味が読書だという人などおすすめです。最後に車の運転をよくする人です。長距離バスやトラックの運転手をされているかたなどおすすめです。

まとめ

今回紹介した商品は、医食同源から販売されているルテインとブルーベリーという商品です。目に良い成分がたくさん詰まっており、安心安全な製品ですので興味がある方はぜひ試してみてください。

 

ブルーベリーサプリへ