MENU

ブルーベリーサプリをコンビニで買うときの選び方

ブルーベリーサプリ−コンビニ

パソコンなどを使用して仕事をしたりスマホを利用する機会の多い現代、目の疲れで悩む人も増加しています。そんな時に効果的なのがブルーベリーサプリで、コンビニなどでも簡単に購入できるため目の悩みを抱える人の強い味方となっています。

 

ただコンビニでブルーベリーサプリを購入する場合のポイントを知らなければ効果を得られないことも考えられます。

 

コンビニでブルーベリーサプリを買う場合のポイント

コンビニでブルーベリーサプリを購入する場合、販売されているブルーベリーサプリならどれでも効果があるというわけではありません。基本的にコンビニの場合、小容量でそれほど高額ではないブルーベリーサプリを置いていることがほとんどで、これは売り場のスペースと客層にも関係しています。

 

コンビニでブルーベリーサプリを購入するのであれば、まずそのサプリの成分が何なのか、効果のあるブルーベリーの成分含有量はどれくらいなのかを確認することが重要です。

 

ブルーベリーサプリの場合アントシアニンという成分が目の疲れなどに効果を発揮してくれるわけですが、この含有量が少ないと思うような効果を得られない場合もあるわけです。含有量=成分がどれだけ入っているかと言うことですので、その量が多ければそれだけ効き目が強いということになります。

 

コンビニで売られているブルーベリーサプリの場合、安価なものが多いため、この含有量が少ないサプリもありますし、その場合一度に大量のサプリを摂取しなくていけませんしコストも結果的に高くなることになります。

 

ブルーベリーサプリの食品添加物に注意

ブルーベリーサプリをコンビニで購入する場合、サプリに含まれる食品添加物にも注意が必要となります。食品添加物とはサプリに色をつけるための着色料や甘みを添加するための甘味料、カプセルを構成している成分などが添加物となり、中には体にあまり良くないものもあります。

 

特に着色料やカプセルを構成する成分などは、食品添加物が使われている可能性が非常に多く、天然ではなく人工的に作られた添加物が多用されていることも少なくありません。そのため成分を確認して食品添加物がどれくらい含まれるのかを必ず確認することが重要なポイントとなります。

 

コンビニよりも薬局などでサプリ選びを

急いでいる場合にはコンビニでブルーベリーサプリを購入するのも悪くありませんし。しかし本来であれば薬局やドラッグストアなどでブルーベリーサプリを選ぶほうがより効果の高いサプリや多くの種類の中から選べるという利点があります。

 

それだけでなく薬剤師なども常駐しているため専門家から見た効果的なサプリを進めてもらえるというメリットもありますので、急いでいない場合にはコンビニではなく薬局などに足を運んでブルーベリーサプリを選ぶようにするとより効果を得やすくなります。

 

容量も大容量で継続的に使用できるものが多いですので、それも考えて薬局なども選択肢に入れるべきでしょう。

 

ブルーベリーサプリへ