MENU

ブルーベリーサプリでアレルギーが出る可能性がある?

ブルーベリーサプリ‐アレルギー

視力の衰えが気になっている方とか、眼精疲労のきつい症状の出る方は、ブルーベリーを摂取することで、それらの諸症状が緩和されるので、食生活にブル−ベリ−を取り入れることか゛大変重要なことになります。

 

直接新鮮なブル−ベリ−を毎日手に入れることは難しいので、ブルーベリーサプリを毎日食後に摂取することでも同等の効果が期待できると言われています。ただ、効果があるからといっても、やたら多量のブル−ベリ−を食する生活に急に切り替えることは、逆効果になることがあります。

 

特に食べた量に比例して、視力が回復したり、眼精疲労がなくなるわけもなく、むしろ消化器系の内臓を痛めてしまったりするからです。まあ、常識で考えたら、「それは無茶だ」ということをしてしまうくらい、摂取する人の視力回復への思いが強烈なのだと思われます。

 

視力回復に、抜群の効果が期待できるブル−ベリ−及びブルーベリーサプリには、アントシアンとルテインが含まれています。アントシアンは、視力をつかさどる働きのあるロドブシンの動きを強力にバックアップしますし、血流を大変良くして毛細血管の教科も行ってくれます。

 

方やルティンの方は、良くなってきた目や、疲れやすくなってきている目を保護したり、病気から守ったりしてくれるのです。ルテインの効果としては、「紫外線やブルーライトから目を守る」ということと、「抗酸化作用」でしょう。

 

この強い抗酸化作用があるので、悪玉菌である活性酸素を除去したり、細胞の酸化を防いでくれるので、、目の老化による病気を防ぐこともでき、黄斑変性症や白内障、緑内障の予防・改善に非常に効果的に働きます。

 

ブルーベリーサプリとアレルゲン

一気に食することは避けて、少しずつ体を慣らしていくのが堅実な摂取法といえるのですが、一気に食したり、あるいは適量食べた場合でも、アレルギ−症状が出ることがあります。

 

感覚的には、ブドウの一種である果物をたべて、アレルギ−症状が出るかというと、理屈の上では起こりにくいですし、実際にそんな事例は周辺では見聞きしたことは有りません。

 

ただ、業界の報告によると、ブルーベリーはツツジ科であり、ツツジ花粉のアレルギーがあると、ブルーベリーも結果としてアレルゲンになります。そうなると、ブルーベリーサプリでも濃縮エキスであり、冷凍やジャムなども同じようにアレルギー症状が起きることがあるのです。

 

具体的な、アレルギ−症状とすると、 口の中や舌、喉などにも影響があり、痒みを感じたりイガイガを感じたりすると言われています。また口の中ではなくて、皮膚にアレルギー症状が出ることもあります。

 

ブルーベリーサプリでのアレルギー症状は非常に希ですが、花粉症自体突発的に起こるため、ブルーベリーでのアレルギー症状は同じようにいつ起こるか予測できません。

 

そのために、そのことに関して知識として知っておくと、原因にたどり着くのにあたふたとしなくていいでしょう。アレルギ−症状が出た場合、その原因となったアレルゲンが何かを見つけることは、本当にむつかしいのでブルーベリーサプリに関しても、アレルゲンとしての知識は知っておくべきでしょう。

 

ブルーベリーサプリへ