MENU

ブルーベリーサプリは朝と夜のどちらに飲むと効果的?

ブルーベリーサプリ−朝と夜どちらに飲む

 

目にいいというブルーベリーサプリについて、その効能や摂取の仕方について解説していきます。

 

目にはブルーベリーサプリ

緑内障や白内障、眼精疲労といった症状に悩んでいる人におすすめなのが、ブルーベリーサプリを摂取することです。ブルーベリーサプリは、特にこういった症状の緩和に効果を発揮します。

 

酸化ストレスが目の病気の原因になっていることが多いですが、ブルーベリーサプリには抗酸化作用があるので、こういった酸化ストレスを抑制する効果を期待することができます。

 

ブルーベリーサプリの効果的な摂取量

目にいい効果のあるブルーベリーサプリもやみくもに飲めば飲むだけ効くというものではありません。適切なタイミングで適切な量を飲むことが大事です。ブルーベリーサプリに含まれているアントシアニンという成分が大事ですが、このアントシアニンの摂取目安量は、1日に90mg程度までが上限だとされています。

 

では、90mg程度までを目安にブルーベリーサプリを摂取したらいいのかというと、そういうことではありません。ブルーベリーサプリの量がそのままアントシアニンの含有量ではないからです。

 

だいたい、ブルーベリーエキスの量の4割程度がアントシアニンの量のになっています。ですので、ブルーベリーサプリの原材料をチェックして、どれくらいのアントシアニンが入っているかということを確認したうえで、90mgを目安に摂取するようにするとよいでしょう。

 

アントシアニンには酸化ストレスを予防する働きがあるので、酸化ストレスが多くなる紫外線を浴びる前、すなわち朝に摂取するのがおすすめです。また、アントシアニンというのは尿と一緒に排出されるという性質をもっています。

 

ですので、いっぺんに飲むよりも数回に分けて飲むほうがよいとされています。そして、ご飯の後だと吸収効率が高まるので、ご飯の後に飲むようにします。トイレに行くことがわかっているのであれば、なるべくトイレに行った後に飲むようにするのがおすすめです。

 

こういったことを考慮すると、朝ご飯を食べた後、昼ごはんを食べた後、そして夜ご飯を食べた後というのが目安になります。しかし、前述したように、トータルで1日の摂取目安量を超えないようにしましょう。

 

摂取目安量の範囲で、朝、昼、夜と飲むのがベストです。なかなかブルーベリーサプリを持っていって、出先で飲むのは難しいという場合もあるはずです。そういった場合には、朝と夜に飲むようにしましょう。

 

朝だけ、夜だけ、というよりも、朝と夜に分けて飲むことによって、常に体内に十分なアントシアニンがある状態となって、目にもいい効果を期待することができます。
副作用を心配される方もいますが、摂取目安量を守って飲んでいれば、副作用を起こす心配はありません。

 

ただ、いっぺんに飲んでしまうと、尿によって小出しになくなっていきますから、朝と夜に分けて飲んで充足させておいたほうが、よりその効果を感じることができるというわけです。

 

ブルーベリーサプリへ