MENU

ブルーベリーサプリを飲むタイミングとは?効果的な飲み方

ブルーベリーサプリ−飲むタイミング

眼精疲労などに効果が期待されるブルーベリーサプリですが、どうせ飲むのであれば効果が最大限に発揮されるタイミングで飲みたいものですよね。そこでブルーベリーサプリを飲むべきタイミングと効果的な飲み方について考えてみましょう。

 

ブルーベリーサプリを飲んで、効果が出てくるまでの時間とは

ブルーベリーに含まれるアントシアニンという成分には血行促進や抗酸化作用などがあります。そしてパソコンやスマートフォンを長時間使った時にロドプシンと呼ばれる網膜の色素が分解されてしまいます。このロドプシンの再合成が阻害されるとドライアイや目のかすみといった症状が現れます。

 

このロドプシンの再合成を促す効果もブルーベリーには含まれているのです。

 

これらの効果がブルーベリーサプリを接種してからどのくらいの時間で表れるのかというと約3時間と言われています。効果はおおよそ24時間持続するので基本的にはいつどんなタイミングで接種しても効果が実感できると思います。

 

ですが適当な時間に毎日飲み続けるというのはなかなか難しいですよね。

 

今日は飲んだか忘れてしまったり、極端な話しで言うと1日目は朝7時に飲んだけど2日目は夜の10時過ぎに飲んだなんてことがあると、2日目の朝7時には効果が切れてしまい、それから次の接種までの15時もの間サプリの効果が得られない時間が存在してしまっています。

 

これではせっかくの効能も実感しづらくもったいないですね。

 

ブルーベリーサプリを飲むおすすめのタイミングとは?

そこでお勧めしたいタイミングが朝食後です。

 

サプリや薬というのは濃縮された成分を体内に取り込むということですから刺激が強いのです。空腹時の接種は体質によっては刺激によって胃症状などを引き起こすことが考えられますので食後が最適です。

 

また効果が表れるまで3時間あるので調度勤務時間や学校の時間とも重なります。朝にブルーベリーサプリを飲むことで効率的に仕事や勉強に励むことができるタイミングが朝食後ということです。

 

サプリの効果的な接種の仕方として、大前提としてサプリは補助食品であるという意識を持つことは大切です。基本的な栄養摂取は毎回の食事から摂るように心がけ、そこで不足したものを補ったり、多く摂る為に使いましょう。

 

その前提があった上で、ブルーベリーサプリをより効果的に接種する方法としてビタミンCを多く含む野菜や果物と一緒に摂ることがあげられます。ビタミンCにはアントシアニンを含む様々な栄養素を効率よく体内に取り込む効果があるためです。

 

ブルーベリーサプリの効果的な飲み方【まとめ】

ではまとめます。

 

ブルーベリーサプリを飲む効果的なタイミングと飲み方は、3食をきちんととりながら、朝にはビタミンCを含む果物を食べるようにし、食後にサプリを飲むようにしましょう。

 

朝食で食べた果物のビタミンCによってアントシアニンを始めとしたブルーベリーサプリに含まれた栄養成分を効率的に取り込み、勤務時間や学校での仕事中や勉強中に効能が表れるようにすることです。

 

ブルーベリーサプリは安全な健康食品ではありますが用法用量はしっかりと守りながら飲むようにしてください。妊娠中や病院で処方された薬を服用中の方は服用を避けたり、医師に相談して飲むようにしましょう。

 

ブルーベリーサプリへ