MENU

加齢黄斑変性症の原因と対策|分かりやすい簡単解説!

加齢黄斑変性症

 

加齢黄斑変性症という目の病気は、誰にでも起こりうるものです。加齢によって、眼の網膜の部分に老廃物による攻撃が発生し、それにともなって視力の低下、最悪の場合は失明をすることになってしまいます。

 

このような状態になって、視力がどんどん悪くなってしまうのは非常に厄介なことです。先に原因を知っておくことと、対策をすすめるようにしていると、しっかりと加齢黄斑変性症について対応することができます。

 

原因は加齢だけによって起こるものではない!

加齢黄斑変性症の原因は、加齢によって老廃物が蓄積されて、それが網膜部分を攻撃するようになってから起こるとされています。しかし、加齢だけが原因になっているのではなく、別の問題も隠れています。その問題をしっかり解決していかないと、対応することはできなくなっています。

 

加齢黄斑変性症の委縮型とは?

2つの種類があり、1つが萎縮型と呼ばれるものです。黄斑の部分が萎縮するようになってきて、徐々に症状が起こるものになります。これは、加齢によって発生しているものですから、徐々に視力が悪くなってしまうことを気をつけて、そのために必要な栄養分を取ることができれば、対策をすすめることができます。

 

加齢黄斑変性症の滲出型とは?

一方で、滲出型と呼ばれるものは、原因は加齢だけではなく、それ以外の生活習慣にあります。肉などを大量に食べているような生活をしていたり、タバコを吸っているなどにより、血管自体が良くない状態になると、こうした症状が起こりやすくなります。

 

ただ年齢が高くなったことで、見えづらくなるのではなく、こちらの場合は急激に視力が落ちます。そして歪みなども見えてくるようになるので、これはすごく危ない状態です。

 

加齢黄斑変性症の対策には生活習慣改善

何とかして予防したいと思っている方、失明を防ぎたいと思っている方は、予防をすることが大事になってきます。対策の1つとしては、喫煙している方は禁煙するようにしてください。タバコによって、血管が詰まってしまったり、変な血管が生み出されるようになると、症状が急激に強まってしまいます。

 

それを避けるために、原因になっているタバコを止めることが、一番いい方法です。また、緑黄色野菜を食べることによって、目に良い成分を多く得ることができます。ルテインを多く含んでいる食材を食べると、目にいろいろな効果を発揮してくれるので、野菜などから対策を進める方法も有効になっています。

 

サプリでも抑えられる!

加齢黄斑変性症になってしまう前に、ブルーベリーサプリで予防する方法もあります。ここで利用しておきたいのは、ルテインやビタミン、更には亜鉛です。これらの成分を配合しているものを利用すると、対策を行うことができます。

 

発症しづらくなるほか、発症している場合でも、多少症状の進行を抑えることができます。何が多く配合されているのか、サプリをしっかり見ておくと、より安心して病気に対応できる力が生まれます。ブルーベリーのサプリを利用する際は、成分表記を確認しておくといいです。

 

こんな症状を感じたら、すぐに眼科で見てもらうこと!

もし気になる症状を感じたら、すぐに眼科で見てもらうことをおすすめします。では、加齢黄斑変性症の症状とはどのようなものなのでしょうか?

 

加齢黄斑変性症の症状

  • ものがゆがんで見える。
  • 真ん中あたりが見えなくなる(中心暗点)。
  • 視力が低下する。
  • 字が読みずらくなる。

 

上記のような症状を感じた場合は、眼科で見てもらった方が良いでしょう。ゆがんで見える程度なら初期症状かもしれませんが、視力低下や文字が読めなくなっていくと、かなり進行している可能性があります。

 

ちょっと、おかしいなと感じたら眼科で見てもらうようにしましょう。

 

加齢黄斑変性症を防ぐ方法はないの?

加齢黄斑変性症を防ぐには、@目の健康にいいことをする(目を傷つけることはしない)、Aできるだけ老化現象を抑えること、が大切です。

 

例えば、加齢に伴って栄養の吸収率は落ちてしまいます。そのため、食べ物から得られる栄養量の少なくなってしまいます。そこで、必要になってくるのが、サプリメントなどを利用した栄養補給です。

 

十分な栄養を吸収しようと思ったら、積極的に栄養を補給しておく必要があります。当サイトでは、ブルーベリーサプリを紹介しています。アントシアニンや、ルテインなど、目に良いとされるサプリを使って栄養補給を補っておくことが、将来の健康に繋がります。

 

ブルーベリーサプリへ