MENU

眼精疲労が起こる原因と対策|分かりやすい簡単解説!

眼精疲労

眼精疲労とは眼を長時間に渡って使うと現れるものである。眼だけでなく全身にも疲労感として現れ、頭痛、肩こりなどどいった症状も現れますがこれを総称して眼精疲労と呼びます。

 

眼精疲労の原因には様々あります。一つは眼自体に原因があります。遠視、近視、なんでも良いのですが見ようとする対象が正常に見えないと、無理やり調整して見ようと眼を働かせるため眼精疲労が発生します。さかまつ毛、結膜炎、ドライアイも眼精疲労の原因になります。

 

様々な眼精疲労の原因とは?

眼でなく全身や精神に原因があることでも眼精疲労は発生します。発生するというよりは密接な関係にあると言った方が正しいです。眼精疲労でストレスが溜まると自律神経が乱れ、交感神経が優位に働きます。交感神経が優位になっていると便秘になったりアドレナリンが発生されます。

 

アドレナリンはスポーツ選手が試合中に興奮状態で発生するものなので、アドレナリンが発生した状態が続くと高血圧になるのがイメージできるかと思います。その他にも眼精疲労で糖尿病が発生したりと眼だけではとどまらない場合が多くあります。

 

環境的なもので、太陽の光を見たり、強すぎる蛍光灯の光を見たりしても刺激で眼精疲労に陥ります。汚いほこりまみれの空間で眼に異物が入ったり、薬品のガスが原因で眼精疲労になる場合もあります。

 

眼精疲労の主な原因は眼の使い過ぎなので、対策としてはインターネットの時間を減らす、ゲームの時間を減らす、携帯電話の時間を減らすで抑えられます。

 

眼精疲労の対策とは?

眼の病気からくる眼精疲労であれば対策として適切な眼鏡や、コンタクトレンズを使用することで改善されることがあるようです。自分は近眼なのか老眼なのかもわからず、たまたま近くにあった眼鏡を使っていると悪化してしまいます。

 

他にも自分に眼の病気の有無はないかを調べ、適切な目薬を使用することで大幅に改善されるようです。

 

環境面での対策で自分の部屋がほこりで舞っているような状態であれば掃除をし、空気を入れ替えるだけで眼への異物混入を抑えられるので眼精疲労にも効果があります。また、パソコン使用環境の光の明るさ具合が悪いと眼にも良くありません。

 

適切な明るさのもとパソコンを使用しましょう。夏場などではエアコンをつけると思いますが、エアコンの風が眼に入るとドライアイを引き起こします。できるだけエアコンとの適切な距離を保つようにしましょう。

 

すぐにでもできる眼精疲労の対策としては1時間に1回など適度に休憩を取ることです。集中していますと、気付くと長い時間が経っていたなどありますがそれを避けるように意識的に休憩を取りましょう。休憩時に軽く体を動かすとストレス発散にもなります。

 

また、まばたきの回数を少し増やすだけでもドライアイの対策になります。その他にも目をタオルで冷やしたり、温めたりするだけで、血行が良くなり眼精疲労を和らげてくれます。

 

病気でしたら眼鏡やコンタクトレンズを使い、適切の処置をするしかありませんがほとんどの眼精疲労の原因は普段の積み重ねにあります。普段の生活を見直し、眼精疲労を起こさないようにしていきましょう。

 

ブルーベリーサプリへ