MENU

視力が低下する原因と対策|分かりやすい簡単解説!

視力低下

視力の低下は今や現代病の1つと言われています。視力低下が起こる原因は、従来から広く言われてきたような「テレビの見すぎ」「暗い部屋で携帯電話を触る」というものだけではなくなってきているのが現状です。

 

私たちを取り巻く時代の変化に伴って、視力低下の原因も多様化しているのです。ここでは、様々な視力低下の原因と視力低下の予防・改善のための対策について解説していきます。

 

視力低下の3つの原因とは

はじめに、視力低下の原因は大別すると、3つに分けることができます。
@ブルーライトの光、A眼鏡・コンタクトレンズの度数、B栄養不足、の3つです。それでは早速、これらの原因とその対策について順に見ていきましょう。

 

@ブルーライトの光

ブルーライトの光とは、目に見える光(可視光線)の中でも特にエネルギーの強い光のことで、パソコンやスマホなどから常時発せられています。

 

短時間であればそれほど問題ではないようですが、網膜まで届くほどの強さを持っていることから、長時間浴びると眼にダメージを与え、眼を傷つけたり回復を遅めたりしてしまいます。

 

といっても、「職業柄パソコンを見続けざるを得ない!」という人も当然いるでしょう。こうした環境にある人にとっての対策は2つです。1つは原始的ですが、”適度な休憩を取り眼を休ませること”、もう1つは、”ブルーライトカバーをパソコンやスマホに取り付けること”、です。

 

光をやわらげてくれるブルーライトカバーは手ごろな価格で市販されているのでぜひおススメです。

 

A眼鏡・コンタクトレンズの度数

視力が低下してくると、大抵このどちらかを使用することになりますよね。通常は、眼科に行って適した度数のものを使用することが原則なのですが、稀に”自分だけで判断して眼鏡やコンタクトを購入した”という人を見かけることがあります。

 

度数があっていなければ(特に度が強すぎると)、眼がその度数に合わせた眼に”退化”してしまいますので、必ず病院を受診し、定期的な検査を心がけるようにしましょう。また、眼鏡やコンタクトを常に清潔に保ち、雑菌を眼に入れないことも視力低下を防ぐための重要な対策です。

 

B栄養不足によるもの

”視力低下”と”栄養不足”は一見関係がないように感じますが、実は大いに関係しています。というよりも、この2つは直接つながっていると言っても過言ではありません。特に眼に良い栄養素としては、ビタミンA・C・E、そしてアントシアニン・亜鉛・カルシウム・ルテインといったものがあります。

 

中でもビタミン類は、眼の細胞や粘膜の保護・循環に効果的であったり、水晶体を清潔に保ったりする様々な役割がありますので、積極的に摂ることは大きな視力低下対策と言えます。また、ブルーベリーに多く含まれるアントシアニンも重要な役割を果たします。

 

アントシアニンには、”ロドプシンと呼ばれる視力を保つ物質”を活性化させ、視力の維持・向上に貢献する力があるのです。また、眼精疲労や眼に関する病気(白内障や緑内障など)にも効果的とされる万能な要素を秘めた栄養素なので、サプリやドリンクなどで摂取する習慣をつけることをおススメします。

 

いかがでしたでしょうか。「栄養不足も現代人の悩みの1つ」と言われているように、ここに上げた3つの原因は比較的誰にでも当てはまることが多かったのではないでしょうか。視力の低下に悩んでいる人にはもちろん、少しでも回復させたい人・早めの予防を心がけたいと考えている人などにとって、少しでも参考になれば幸いです。

 

ブルーベリーサプリへ