MENU

白内障の原因と予防対策|分かりやすい簡単解説!

白内障

老化現象に伴って起きる目の症状として、もっともポピュラーな「白内障」。

 

白内障は老化によって発生する目の病気である為、誰にでも起こりうる病気の一つです。今回は、目の老化によって起きる病気の白内障の原因と、白内障を予防する為に有効な予防対策についてご紹介いたします。

 

白内障の原因は「老化」

目の病気である白内障は、人の老化が原因で発症します。白内障の原因となる人の老化現象は、別の言葉で言い換えると酸素が身体の細胞と結びつく事により「酸化」現象とも言い換える事が出来ます。

 

白内障は、この酸化現象が目の中の「水晶体」と呼ばれるガラスのカメラレンズのような役割を果たしている大切な機関を構成しているたんぱく質を変質させる事によって起こります。

 

白内障とは、水晶体を構成している物質のたんぱく質が酸化する事によって水晶体が濁ってしまい、目がかすんでしまったり光がまぶしく感じられるようになってしまう病気なのです。

 

酸化を防いで白内障を予防する!

白内障の予防

白内障の予防対策としては、目の水晶体を構成している物質のたんぱく質を酸化させてしまう原因の一つ「紫外線」を出来る限り直接目に浴びないようにする予防対策が有効です。

 

具体的には、「外出する時には日差しをよける日傘やつばのある帽子を着用する」「外出時にサングラスやUVカットの機能を持つメガネをかける」などの予防対策で紫外線が直接目に当たる機会が少なくなり、白内障を予防する予防対策として有効です。

 

食事から抗酸化物質を積極的に摂り入れる!

食事

白内障は酸化によって引き起こされる目の病気ですので、体内に存在する活性酸素を増加させる事も白内障のリスクを上げてしまう原因となります。

 

体内に存在している活性酸素を減らす為には、食事の際にブロッコリーやほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれているルテインや、ブルーベリーや黒豆、ぶどうなどに豊富に含まれているアントシアニン、そしてレモンやオレンジ、ライムやアセロラなどに含まれるビタミンCなどの抗酸化物質を積極的に摂取する事で、白内障を発症するリスクを低下させ、目の水晶体の酸化予防に効果的な予防対策となります。

 

タバコによる喫煙習慣や糖尿病は白内障の危険因子

タバコ

目の水晶体にはビタミンCが多く含まれており、ビタミンCによって目の酸化作用を防いでいます。しかし、ビタミンCを破壊するタバコの喫煙習慣や、血糖値が異常に高くなる糖尿病などの成人病は、白内障の進行を早める危険因子となります。

 

特に糖尿病は白内障を悪化させる事が明らかになっており、糖尿病の患者さんが白内障にかかってしまうと、かなりの速度で白内障が進行してしまうおそれがあります。喫煙習慣や肥満の原因となる不規則な暴飲暴食は止め、糖尿病にならないように心がける事も白内障の予防対策の一つです。

 

まとめ

白内障は早期発見により症状が進行する事を遅らせる事が可能です。40歳以上になったら特に目の異常を感じなくても白内障の診察を受け、日ごろから目の健康を保つ意識を持つようにしましょう。

 

ブルーベリーサプリへ