MENU

緑内障の原因と予防対策とは|分かりやすい簡単解説!

緑内障

身体の健康に関しては誰もが意識をしているものだと思いますが、中でも目というのは人間の入力情報の大半を占めているものなので、ちょっとした不調があると気になってしまう人も多いと思います。

 

病気ではないのですが視力低下を意識している人は多いですし、加齢に伴う老眼というのは多くの人が悩んでいる症状だと思います。目の病気に関しては様々なものがありますが、加齢と共に心配したいものとしては緑内障があります。

 

この緑内障は症状として眼圧が高くなり視神経が圧迫されてきて、視野が狭窄していくものがあります。緑内障に関しては40代あたりから増えてくるとされてきましたが、最近では若年化してきているというデータもあるので早期の発見が大事になってきます。

 

緑内障の原因とは?

緑内障の原因

緑内障の原因に関しては、まず症状して眼圧が上昇するというものから見ていかないといけません。この眼圧が上昇するという症状はほとんどが自覚症状が無いものであり、知らないうちに緑内障が進行していたということも少なくありません。

 

眼圧は眼球を満たしている房水があり、これが隅角という箇所から流れ出ることで一定に保たれています。しかしこの流れに障害が起こってしまうとこの眼圧が上昇してしまって、それによって視神経の圧迫や血流の悪化が起こってしまい、ひいてはそれが緑内障を引き起こしてしまう原因となってしまいます。

 

この房水と隅角の関係性が緑内障の原因となっているのですが、この緑内障の種類としては開放型と閉塞型の二つが存在しています。開放型の原因としては隅角は開いているのですがその先にある繊維柱体が目詰まりを起こしてしまうために、流れが悪くなるタイプです。

 

こちらは眼圧が高くなくても起こりうる正常眼圧タイプというものもあるので、自覚症状が少ないという特徴があります。一方で閉塞型の原因としては隅角が虹彩によって房水が排出できなくなるものであり、発作的に起こることから気づくこともあります。

 

緑内障の対策とは?

緑内障の対策

さてこの緑内障の原因が分かったところで今度は予防対策を説明しましょう。緑内障の予防でまず大事となるのが、自覚症状が少ない病気であるために定期的な健診などを受けることが大事となります。

 

予防対策としてあ眼圧検査だけではなく眼底検査や視野検査も同時に受けるとより効果的とされています。また目の病気だけに限らすに加齢に伴う病気の予防対策としては、日常生活の改善が効果を上げることが多いです。

 

主に房水や血流の関係性から血液関係の改善などは大きな効果があり、またそれに関連して食生活の改善や運動不足を改善することによって、緑内障に限らず様々な病気の予防対策となります。

 

またこのような緑内障の予防対策としてはサプリなども有効となっており、有名なものとしてはルテインやカシス、アントシアニンなどを摂取することで血流を改善したり眼精疲労などに効果が出るので、必要に応じて摂取するのがいいでしょう。

 

このように緑内障は症状が気づきにくいために日々のチェックやケアなどをしっかりとしましょう。

 

ブルーベリーサプリへ