MENU

ドライアイの症状の種類と、チェックポイントについて紹介!

ドライアイの症状

ドライアイは誰でもなりうるものです。自分はドライアイに関係ないだろうと思っている人もいるかもしれませんが、テレビやスマホ、パソコンを使う人はもちろん、普通に生活を送っている人なら誰でもなる可能性はあります。

 

自覚症状があるはずなので、心当たりがある人は病院に行くなどして対処するようにしてください。

 

めまい、眠気、まぶしいを感じたら、ドライアイの可能性が!!

症状というのは大きくは違わなくても、人によって微妙に変わってきます。まずめまいに関してですが、パソコンなどの画面を見すぎてしまったりして頭が痛くなる人がいると思うのですが、その延長線上でめまいを起こしてしまう人もいると思われます。

 

ただ、頭痛までいってもめまいまでいく人はあまり多くはありません。頭痛は無いのにめまいだけ治らないという場合は、ちゃんと見てもらったほうが安心ではないでしょうか。

 

眠気の場合ですが、ドライアイというのは目がちゃんと守られていないということなのです。そうなると、目はどうしても疲れてしまいます。目が疲れると、当たり前かもしれませんが眠たくなってしまうのです。

 

睡眠はちゃんと取っているのに眠いなと思ったら、もしかしたら目が疲れているのかもしれません。また、まぶしいという症状が見られることもあります。目は普通涙が守ってくれているのですが、目が乾いていると涙がなかったり少ないため、守られていません。

 

それによって、まぶしく感じられてしまうのです。

 

目やに、片目だけ乾く、それもドライアイの症状かも!!

目やにそのものは、悪いものではありません。ですが、ドライアイによって異常に量が出てしまう場合もあります。改善すれば問題ありませんが、あまりに多かったり色がおかしい場合は眼科に行くべきです。

 

片目だけドライアイというと不思議なかんじがしてしまいますが、ありえます。スマホを使っている人や、片目だけコンタクトを入れている人は十分なる可能性があります。思い当たるほうの目は、ちゃんと休ませてあげたり目薬をさしてケアをしてください。

 

涙、痛みなどのチェックをしてみよう!

目が潤んでいるかんじがしないという人は要注意です。そういう人は、意図的に涙を出すというのも効果的です。すぐに治るわけではないのですが、出さないよりはずっと良いでしょう。

 

意図的に出すというのは大変かもしれませんが、そうでもしないと目から水分はだんだん失われていき、痛みさえ伴っていくかもしれません。そうなるとかなり辛いので、そんなに酷くないうちに病院に行くという手もあります。

 

もしかしたらそのほうが確実かもしれません。あと、ちゃんと目を休ませてあげるようにしましょう。また、乾燥も大敵なので、冬は特に気をつけてください。とにかく、目を潤わせることも意識してください。

 

また、症状が出てきたら目が乾燥しているというサインなので、そのとき休ませるのが無理でも酷使しないよう心ががけて下さい。症状が重いなら、自分でなんとかしようと思わないでください。それが、取り返しのつかないことになるかもしれません。

 

ブルーベリーサプリへ