MENU

ドライアイの代表的な原因と対策|誰でもわかる簡単解説!

ドライアイ

目の疲れを感じやすくなったり、ゴロゴロするような感覚が多くなってきたら、ドライアイかもしれません。

 

ドライアイというのは、涙の量が減ったり、眼の表面の層の、質が悪くなることによって乾燥している状態のことです。違和感がつきまとったり、ひどくなると痛みを伴うこともあります。

 

まずは、ドライアイと目の構造の関係を理解しよう!

ドライアイと目の構造

眼の表面は、角膜の前に薄い層が三層あります。それぞれ外側から、油層、水層、ムチン層、という名前がついています。油層は名前の通り、うっすらと油の膜をつくって水分の蒸発を抑えます。

 

水層は涙がいきわたる層で、水分を保持するのと同時に栄養素を行き渡らせるという働きもあります。

 

ムチン層は、粘液に近いもので、よりしっかりと水分をつかまえておく働きがあります。

 

ドライアイは、ムチン層に問題が発生し、バランス良く三層が維持できなくなった状態です。進行すると眼の表面に傷ができて、角膜に炎症が起きることもあります。

 

ドライアイが起こる原因は?

ドライアイの原因

ドライアイの原因として代表的なのは、目の疲れ酷使コンタクトレンズの使用です。他にも年齢を重ねたことによる目の周りの機能の低下や、なにかに集中していることがドライアイの原因になることもあります。

 

それらの原因が導くのは、まばたきの回数の低下、だからです。

 

疲れによってまばたきが減少、コンタクト使用によって感覚が鈍くなりまばたきが減少、パソコンや読書、スマートフォンに集中しすぎて、まばたきの回数が減少、といろいろな理由で減少します。

 

まばたきは、涙で目のうるおいを保ったり、栄養分を行き渡らせるため、あるいは眼の表面の掃除をしたりと、目の健康を保つためにはとても重要な動作です。まばたきの異常には、病気や加齢、コンタクトレンズのせいで目を完全に閉じていない、という状態もあり、ドライアイの原因になります。

 

ドライアイの対策とは?

ドライアイ対策

これらが原因の場合、基本的な対策としては、目の負担を減らすこと目を潤すこと、が有効です。まず負担を減らす対策というのは、単純なことでいえば、デスクワークをしているなら、一時間ごとに休憩をとる、といったことです。

 

またパソコン、スマートフォンは目よりの低い位置で操作すると、目を大きく開かずにすむので目が乾きにくくなります。

 

メガネ、コンタクトを使用している人は、きちんと視力があっているものを使うのも対策になります。コンタクトの人は、コンタクトを使わない日、を作ると目がリラックスできるでしょう。

 

目を潤す場合は点眼薬が直接的で効果的です。乾燥対策に、湿度を上げるというのも良い対策でしょう。特に冬や、ホテルの部屋などは乾燥しているので加湿器は効果的です。他にも、ゴーグルのように目を隙間なく覆うメガネを使うと湿度が保ちやすくなります。

 

目の違和感がひどかったり、痛みをともなうようになった場合は眼科を受診したほうがいいでしょう。まばたき以外の原因であったり、またドライアイでない可能性もあるからです。

 

またドライアイだったとしても、眼科医に選んでもらった点眼薬を使えば安心して使用できます。点眼薬にも防腐剤が入っていないものを選ぶ必要があるなど、自分では気づかない注意点もあるからです。

 

実は、もっと大切なドライアイ対策法がある!

ドライアイ対策

実は、ドライアイの本当の原因として、「涙の質が悪い」ということも挙げられます。涙の質が悪くなってしまう原因には、栄養が関係しています。私たちは食べ物から栄養を吸収し、潤いのある涙を作り出します。

 

ですが、栄養がしっかりと補えていない場合は、乾燥しやすい涙が出来てしまうのです。その結果、何をしてもドライアイが治らないという状況に陥ります。その対策としては、サプリなどで、目に良い栄養をしっかりと補うことです。

 

どんな栄養を補えばいいのか?

では、ドライアイを対策するには、どんな栄養を補えばよいのでしょうか?

 

おすすめは、アントシアニンルテインDHAなどを摂取することです。

 

当サイトではおすすめのブルーベリーサプリも紹介しているので、是非参考にして下さい。

 

ブルーベリーサプリへ