MENU

βカロテンが目に与える効果!目に良い栄養成分を摂取しよう!

βカロテン

 

βカロテンという栄養素はご存知でしょうか。実はこちらのβカロテンという栄養素は体に良いというイメージがありますが、そのほかにも、さまざまな効果が期待できるのです。そこで、こちらのβカロテンの摂取方法や、その意外な効果についてご紹介をしたいと思います。

 

βカロテンとその効果とは?

β-カロテンというものは、緑黄色野菜などに多く含まれている、一種の栄養素となります。食物でいえば、にんじんや、かぼちゃなどをはじめとした緑黄色野菜を中心として、また海藻類などにも含まれています。

 

こちらの栄養素は、強力な抗酸化力を持っているのが特徴であり、カロテノイドの一種とされてきます。さらにこちらの栄養素を摂取すると、体内において、ビタミンAとして変換されますので、ビタミンAとして主に体内で働き、その効果を発揮してくれるという特徴があります。

 

たとえば、こちらのβカロテンは、摂取することにより、体内でビタミンAに変換されることで、人体の全身の皮膚や、そして身体の免疫機能などを高めてくれる効果が期待できるのです。

 

このため、抵抗力が落ちているという方や、皮膚にトラブルを抱えている人が意識して摂取しておきたい栄養素となります。摂取することによって、免疫力をつけ、そして皮膚などを丈夫にすることができたりもし、皮膚症状などを改善してくれる効果があります。

 

風邪などで抵抗力が落ちている方にも必須の栄養素であるといえるでしょう。不足しがちであると、免疫が落ちてしまいがちで、皮膚トラブルなどにもつながりやすくなってしまいます。このため、普段から意識して摂取したい、体内においても、必要不可欠である栄養素なのです。

 

βカロテンは目にもよい!

そのほかにも、こちらの栄養素の働きとして、たとえば目の粘膜、そして目の網膜を健康に保ってくれるという働きがあります。さらに、疲れ目などの症状にも効果的です。

 

また、ドライアイなどといった、目の乾燥などを防止してくれます。これらのドライアイなどの症状は、病院で治療をすることも必要ですが、栄養を摂取することによって、体内から治すことも大切であるといえるでしょう。

 

また、そのほかにも、ビタミンAとして体内で変換されるため、目の夜盲症や疲れ目などにもよいのも特徴です。目に関しては、視力の低下が気になる方の場合には、視力低下を防いでくれたりなど、目の健康を保つ働きがあるのです。

 

目というものは、常に活性酸素に触れている部分であるため、このため、こちらの栄養素が不足してしまうと、夜盲症、角膜乾燥症、また角膜軟化症などを引き起こす要因となってしまいかねません。こちらのビタミンAは、目の細胞膜などを作る働きがあります。

 

このため、目の健康が気になるという方、疲れ目の方などは、特に意
識して摂取することをおすすめします。食物で摂ることが難しければサプリでの摂取などもお手軽なので、おすすめです。

 

ブルーベリーサプリへ