MENU

ブルーベリー効果の秘密:アントシアニンが視力、緑内障に良い?

ブルーベリー効果

目のかすみや疲れに悩んでいませんか?現代は、昼は仕事でパソコンやスマホを使用し、夜も自宅でテレビを見たり、パソコンでネットサーフィンしたりと、目を使う時間が長くなっています。

 

以前のブラウン管と異なり、現在のパソコンやスマホの画面には、ブルーライトと言われる青色の強い光が含まれている事が多いです。このブルーライトが目の疲れを助長するといわれています。

 

特に仕事でパソコンを長時間見続けている人は、ドライアイや、眼精疲労が日常的に起きている方も多いようです。眼精疲労は、頭痛や肩こりにもつながりますので、目の健康を保つのは大切な事です。

 

特に仕事でパソコンを使っている方は、眼精疲労が起きてもディスプレイを見続けなくてはならず、とても辛いものです。目に良い栄養成分をご紹介します。

 

ブルーベリーを摂ると、どのような効果があるのか?

ブルーベリーが目に良いという話は、比較的、昔から言われていました。近視や遠視、老眼など、視力の低い人におススメの食物で最も有名です。

 

視力の低い人の中でも、夕暮れ時になり周囲が薄暗くなると、視力が急激に落ちる体質の人を鳥目とか夜盲症と言います。この夜盲症にも、ブルーベリーは効果があると言われています。

 

目に良いとされる成分は、ブルーベリーに多く含まれている、「アントシアニン」という成分です。アントシアニンは、ブルーベリーやビルベリー、カシス等の果実に多く含まれる、紫色の色素です。

 

抗酸化作用を持つポリフェノールの一種です。アントシアニンには、目の網膜の構成成分である「ロドプシン」という物質を、活性化する働きがあります。ロドプシンは、目の網膜に映った画像を脳へ送る、大切な神経伝達経路の一部です。

 

眼精疲労で目がしょぼしょぼした状態や、夜盲症の状態は、いわば、ロドプシンが疲弊した状態といえます。ですので、アントシアニンを補給しロドプシンを活性化する事で、目が生き生きと蘇るのです。

 

また、アントシアニンは、白内障や緑内障などの目の疾患にも改善効果が期待できるとされています。

 

効果的なブルーベリーの摂取方法

ブルーベリーは、生ではあまり販売されていません。鮮度が落ちやすく、生の状態では市販に適さないからです。ブルーベリージャムや、ジュース、ドライフルーツなどで販売される事が多いでしょう。

 

毎日の食事で、ブルーベリーを取る事が、目の健康につながります。ただ、ブルーベリーを毎日、目の健康維持に効果的な量だけ採るのはなかなか難しいです。
そこで、サプリでのブルーベリーエキスの補給がおすすめです。

 

特に、目に良いサプリとして市販されている物の中には、アントシアニン以外にも、ぜひ補給してもらいたい、「ビタミンA」「ルテイン」等の成分が入っています。ビタミンAは、特に夜盲症に良いとされており、ロドプシンの構成成分の一つです。

 

ルテインは、抗酸化作用を持ち、紫外線から目を守る効果があると言われています。これらがミックスされて販売されているサプリですと、より目の健康維持に効果的です。

 

ブルーベリーサプリを毎日飲む事で、目のかすみや疲れから解放され、毎日すっきりとした視界が維持できると良いと思います。

 

ブルーベリーサプリへ